記事の詳細

 

ダンスが中学校で必修化になりましたが、

ダンスの授業の準備をできていない先生は不安だらけでしょう。

 

よく聞く言葉に、

「ダンスができないのに授業なんてできない。」

「自分より生徒の方が上手いのに授業なんて...」

同じ気持ちの先生は多いはずです。

 

逆に、今現在はダンスが出来る先生の方が

少ないのではないでしょうか?

 

そこで、ひとつ質問です。

 

『本当にダンスができないと授業ができないですか?』

 

『授業』できないですか??

 

by:krunkwerke

by:krunkwerke

 

僕は、先生がダンスができなくても、

授業はできると思います。

 

ダンスできる必要はないと思います。

 

学校の先生は、『ダンスインストラクター』じゃないですから。

 

ただ、【ダンスを○○する必要はあります。】

(踊れることよりも大切です。)

 

答えはここに、 

→ http://dancingcity.net/dancemain

 

【ダンスできる人】=【ダンスの授業出来る】ではないですよね??

 

【ダンスできない人】=【ダンスの授業ができない】でもないですよね??

 

先生自身が【どういう状態】になれば=【ダンスの授業出来る】

になると思いますか?

 

この【どういう状態】を考えることは大切です。

 

【ダンスができる人】という答えは違いますからね。

 

この答え以外で、考えてください。

『ダンスレッスン』の授業をするつもりなら、

ダンスが踊れることは必須です。

 

でも、『学校のダンスの授業』をするのなら、

何が必要でしょうかね。

 

この質問に対して自分自身の答えが出ると、

見える景色は変わるでしょうね。

 

関連記事

dancetext
ページ上部へ戻る