記事の詳細

 

ダンスの授業において、

『個人練習』・『グループ練習』

をどう使っていけばよいのでしょうか?

 

『ダンススクール型の授業』を取る場合。

————————————————————-

 参照記事:『ダンススクール型の授業』の注意報?①

⇒ http://dancetext.dancingcity.net/shape125.html

『ダンススクール型の授業』の注意報?②

⇒ http://dancetext.dancingcity.net/shape126.html

————————————————————-

 

 

【個人練習型】になります。

 

・【個人練習型】

先生が生徒の先頭に立ち指導する。

 

生徒は、先生をみて『個人』で練習を重ねていく。

わからないところは、『個人』で質問して解いていく。

ステップ・振付を良くする方法を『個人』で考えていく。

 

ダンススクールでもこの練習方式です。

 

個人練習型の『良いところは何でしょうか?』

個人練習型は『何を伝えることが出来るでしょうか?』

個人練習型は『生徒に何を感じさせることが出来るでしょうか?』

 

by:jk+too

by:jk+too

 

・【グループ練習型】では『どんなことをするのか?』

 

ダンスの授業では、ほとんどの先生がグループ練習。

を計画されていると思います。

 

では、そのグループ練習で『何をさせる予定ですか?』

 

これをしっかり決めておかないと、

ただ単にグループを組ませて練習させるだけ。

になってしまいます。

 

グループ練習をより効果的にすることをしませんか?

 

グループ練習をするということは、

『目的があるからグループを組ませる』

 

ですよね?

 

その目的とは、何でしょうか?

 

その目的を達成させるためには、

どんな練習方法が必要なのでしょうか?

 

ちょっと時間をとって考えてみて下さい。

個人練習にあって、グループ練習にないもの。

グループ練習にあって、個人練習にないもの。

二つの練習方法の良いところ。

 

『ダンスの授業にもこれが必要なんです』 

 

前回の記事でも書いたように、

練習方法に対して先生自身の答えがあれば、

ダンスの授業でも適用させることが出来ます。

 

練習方法の中身が見えてくると思います。

 

・とりあえずグループを作れば協力するだろう。

・グループを作ってダンスすれば作品になるだろう。

・ダンスできる子を各グループに入れれば良いだろう。

・個人練習でしたことをグループ練習でもすればいいだろう。

上記のような考え方はしないで下さいね。

 

必ず失敗します。

 

続きは、次回。

 

 

グループ練習で何が伝えられるのか。

僕の答えを書きますね。

 

 

 

関連記事

dancetext
ページ上部へ戻る