記事の詳細

 

『ダンススクール型の授業』を続けた場合どうなるのか?

前回の記事の続きになります。

 

ちなみに前回の記事は、

http://dancetext.dancingcity.net/shape125.html

 

【1.先生自身の授業の準備が大変になる。】

についてお話ししました。

 

本日は、

【2.目標設定ができなくなる】

 

 

○授業に【目標設定】は、必要でしょうか?

○授業の【目標設定】とは、どういうものでしょうか?

○授業と【目標設定】の、関係とは何でしょうか?

 

これらの項目について、

先生自身で答えはお持ちでしょうか?

 

【目標設定】が魅力的なものであれば、

生徒の授業への意欲を増幅させることができる。 

 

【目標設定】の立て方一つで、

授業がうまくいくかどうかが決まる。

 

【目標設定】が達成されたとき、

生徒自身の気持ちにどういう変化が起きるのか。

 

というように、

【目標設定】は、授業に対して重要な項目だと思っています。

でも、『ダンススクール型の授業』を続けた場合...。

 

by:Kounelli

by:Kounelli

 

2.目標設定ができなくなる。

ダンススクール型の授業とは、どういう形でしょうか??

前回の記事も含めて考えてみて下さい。

ダンススクール型の授業とは、

先生が生徒に『与えるだけ』の授業。なんです。

 

先生が生徒の前に立って指導する。

『ステップ』を『振付け』を。

生徒は先生を見て『覚える』『練習する』ですね。

 

では、

この授業形態の【目標設定】はどうなるでしょうか??

 

・先生が教えたステップを『上手くできるようになる』でしょうか。

・先生の振付けを『間違えないで踊れるようになる』でしょうか。

・先生の振付けを『グループ分けして発表する』でしょうか。

 

上記の【目標設定】は『魅力的』に感じますか?

 

生徒の『やる気』を引き出せますか?

 

生徒が『目標を達成したら変化』は起こりますか?

 

ダンススクール型の授業を行うと、

これぐらいの目標設定になってしまいます。

 

なぜなら、

このような形の決まった授業には、

 『広がりがない』 『展開ができない』 のです。

 

【魅力的な目標設定】を、定めるにはどうすればいいのか。

 

そもそも、

【魅力的な目標設定】とは、どういうものなのか。

 

ここがわかれば、授業の形にもつながるかもしれません。

是非、一度考えてみて下さいね。

 

 

関連記事

dancetext
ページ上部へ戻る